スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yellow Gold Tour 3010

昨日、最初で最後の「Yellow Gold Tour 3010」に参戦してきました。


最後に生アカニシを見たのが昨年の2月25日。
約1年ぶりの仁くん。

それはそれは・・・

カッコ良かった。


まぁ、それは森羅万象のオキテですが。


すごく楽しかったし、もっと仁くんを見ていたかった。


そして、わたしのキモチは、というと・・・




仁くんがだいすきです。


あ、知ってますって?


それなのに、


それでも。



それだから・・・





苦しいんですネ?



以下、いろーんな思い。
複雑だったり、あたしのワガママな見解だったりしますんで、
ご気分害される方もいらっしゃるでしょうから、
「赤西仁は素晴しい!以上!」と思っておられる場合はリターンプリーズ。





仁くんはカッコ良かった。
本当に華がある。
そのダンスも歌も一動作も一音も見逃したくない、聞き逃したくないって思う。
それは好きだから。

仁くんがすきだー、って思う。





だけど、それ以上のワクワク感や衝撃がなかった。


昨年の「友&仁」を初めて見たときのような感動がなかった。
だって、ショーの印象がほとんど変わらなかったんだもの。

「友&仁」はトモダチと作り上げたもの。
「Yellow Gold Tour」は3010年、つまり未来をモチーフにしたもの。

らしいけど、
そんなテーマなんて実際どうでもよくって、
赤西仁が歌ってる踊ってる、
それだけで胸が高鳴るってものじゃん、ファンって。

だからそういう点ではあたしは満足出来るわけなんですけど。
終始ボロボロ泣いてたし。


ワラワラと外国人が出て来て、
「フー!」とか「ヘーイ!」とか言って会場を盛り上げようとして、
イマイチ乗り切れない観客。
デジャヴ!?(笑)

ライブの内容もこうやってちょっとずつマイナーチェンジしていくのか・・・。


「方向性の違い」ってことで、
KAT-TUNを抜けてまで仁くんがやりたかった音楽って、
ダンスってライブって、

一体何?







仁くんはアメリカジンになりたいわけ?
アカニシジンでしょ・・・
なんてくだらないシャレを言いたいわけじゃないんだけどさ(笑)


どんなに英語を上手に話しても、
ウップス!的なリアクションをしても、


違うんだよ。
ちょっと痛々しいんだもん(あーーーー・・・言っちゃった)。


実は去年も、
外国人のダンサーさんに囲まれている仁くんに非常に違和感を感じていました。

その動きはとてもナチュラルに見えるけど、
模倣に過ぎない所作。

だって三つ子の魂百まで・・・だもの。
日本のひとだもの。

「Yellow Gold」も「Tipsy Love」もだーーーーーーいすきだけど、

「care」や「ムラサキ」や「Eternal」には敵わないなぁ。

「赤西仁」を感じられるから。

クラブミュージックにJINのリリックを乗せて、
エフェクトかかった声で歌う・・・ノリは良いけど、
心臓を掴みとられるようなキモチにならないんだもん。



「JIN AKANISHI」>「赤西仁」という図式がマジョリティーになる日が来るとしたら、
それはアーティストとして大成功だと思う。

だけど、
世の中に仁くんの代わりになるようなアーティストはゴマンといるだろうけど、
仁くんの代わりになるようなアイドルは1人もいない。

『自分がやりたいこと』を全うする生き方を彼が本当に選んだとするなら、
ジャニーズにいては出来ないと思うし、
世界に羽ばたきたいなら地道に下積みから始めれば良い。
アイドル事務所に所属していて、出来ることはやっぱり限度があって、
それに関してもがいている人は他にもいる。


ワーナーがどういう売り方を考えているか分からないけど、
冒頭に流れた「裏切った者達への最後のメッセージ」(だっけ?)の、
「もう操り人形にはならない」というフレーズにとても嫌悪感を覚えました。

何故「平和」を謳ってるはずなのに、
過去の否定とも捉えられるようなメッセージを出すの?


このメッセージの着地点は?




仁くんがやりたいことって、
過去を否定して殻を破ってアメリカ人になること?
いや、そんなんじゃないのは分かってる。
分かってるんだ。


だけど寂しくて仕方ない。
足りなくて仕方ない。



KAT-TUNコンに行って帰って来ると、
「あー、だいすき!明日からも頑張ろう!」って思うんだけど、
なんだろ、仁くんって、
「あー、だいすき!でも寂しい」って思わせる何かがある(笑)


あたしはきっとまだ全然受容出来てないんだと思うんだよね、
仁くんがKAT-TUNじゃなくなったことを。

何度も何度も、
「どうしてこれがKAT-TUNにいたら出来ないことなの?」と思ってしまった。

「ここでカメちゃんの声が入ればなぁ」とか、
思っちゃうんだもの。

KAT-TUNにいた時の方が、
もっとその華が前面に出ていて輝いていたように思ちゃうんだもの。

だっさいアイドル衣装着てたって、
「イッツアショータイムショータイム!!」って歌ってたって、
すっごい華やかだったのに。


なんだか仁くんがひとりぼっちのように見えて寂しかった。
本人がそう感じてるわけはないだろうけど。



会場の上の方は空席がありました。
実際あたしも4枚チケット捨てたし。
だけど、それで良いと思うの。
3万人収容のたまアリを3日間、簡単に埋めちゃうなんてことはあって欲しくないから。

3日目にしか入らなかったから初日、2日目の様子は分からないけど、
後半は盛り上がってきたものの、観客とのテンションの温度差は確実にあったし
(これも日生劇場で痛いほど感じたことだったけど)、

エンドロール演出のおかげか、アンコールなしでみんな帰っちゃうし(あたしもだけど)、

仁くん、課題は山積みだよ。

そして仁くんは「JIN AKANISHI」としてひとりでこれから大海に船出するんだよ。
荒れ狂う波に飲み込まれないように頑張って欲しいけど、
凪った湾内でなんとなく漂ってるだけで「世界に出た」なんて思わせちゃう環境じゃないことを祈ります。


場内の照明が全部明るくなっても、
終電に間に合わなくても、
全観客がスタンディングオベーションでいつまでも拍手が鳴り止まない、
そんなエンターテイメントショーをやるしかないんだよ。

おきばりやす、仁くん。


好きなら全てを受け入れて「This is JIN!!!!!」と絶賛するべきなのでしょうけど、
歪んだココロの持ち主なんでこんなキモチになっちゃった。

自分の思い通りにならなくて悔しいからって、
それをこうやって書くのは良くないって分かってるんだけど。



こんな否定的なことを書いてて今更だけど、
あたしはどんな赤西仁でもだいすきなんです。

「KAT-TUNの赤西仁が一番すき」
ってことだけで。



KAT-TUNじゃないステージで知らないひと(笑)に囲まれてる仁くんに、
あたしが勝手に違和感を感じてるだけで、

赤西仁の才能は果てしないと思うし、
素晴しいとは思っています。




で、

「やりたい音楽」がそれほど明確なわりに(あたしには曖昧に思えるけど、彼自身にとって明確なら)、
リリースする曲がなぜに「Eternal」c/w「ムラサキ」?

それこそマリオネットじゃねーかYO!!!!




笑←これで全部許して(笑)

スポンサーサイト

Comment

こんにちはー

こんにちはー

ずっと前から読み逃げしている者です
(色々な意味ですみません)
藤子さんの文章、面白くって本当に大好きなんです!
( ゚∀゚)・∵ブハッ!!
・・・とか(笑)

そうそう仁くん!私は勝手に「アメリカで世界一のアイドル」を
目指すんだろーって思ってました
(いや、日本でもなれないのに無理!という言葉は飲み込んで)

中居君がアイドルなのに本気で芸人やってるように、ニノが
アイドルなのに芝居も一生懸命やってるように、赤西君は
アイドルだけど真剣に歌作って踊って歌って世界一を目指してる
と思ってましたー
(バカですみません。でもジャニ所属だし一生彼はアイドルですよね)
はぁー、カツンをやめなくてもそれができる道は一杯あったと思います。
私もまだまだ納得できてませんー!シクシク

長々と失礼致しましたー

トミさま☆

はじめまして♪コメントありがとうございます^^

あたしも読み逃げなんてしょっちゅうなんで、
お気になさらないでくださいなー。

> そうそう仁くん!私は勝手に「アメリカで世界一のアイドル」を
目指すんだろーって思ってました


アメリカのアイドル事情を全く知らないのですが、
バックストリートボーイズみたいな感じですかね^^?
日本のアイドルとはちょっと違いますもんね。
一体、仁くんが目指すものってなんなんでしょうね???
「アーティスト」って括りはあまりにも広義過ぎて・・・

トミさんのおっしゃる通り、
真剣に歌を作って踊って歌ってるとは思うんですが、
ホントにKAT-TUNを辞める必要があったのか・・・って思うんですよね、あたしも。

答は出ませんね、いつまで経っても。
だってあたしはKAT-TUNがだいすきで、
6人のKAT-TUNがだいすきだったんですものーーーーっっっ!(涙)


> 中居君がアイドルなのに本気で芸人やってるように、

すみません、吹きました( ゚∀゚)・∵ブハッ!!



なかなか更新しないブログですがまた遊びにいらしてくださいね☆


 
管理人にのみ表示する
 

HOME

プロフィール

藤子

Author:藤子
愛してる 愛してる
それ以外 見つからない

愛してる 愛してる
行先は どこでもいい

KAT-TUN愛してるーーーーーー

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。